◆知って得する商品知識!

リフォーム用の玄関ドア リシェント兇離瓮螢奪函Ε妊瓮螢奪

b89519a682b879646213d853fa816766_t
こんにちは!
リオールの戸田です。 

今回は、リフォーム用の玄関ドア『リシェント供メリットデメリットについてご紹介します。
  

リフォーム用玄関ドア 『リシェント供 とは


『リシェント供
とはLIXILさんの商品で、壁など壊すことなく1日で施工可能なリフォーム用の玄関ドアになります。詳しくはメーカーさんの HP をご覧になって下さい。
default_img_01[1]

『リシェント供 のメリットとは?


◆ 玄関ドアをたった1日で取替可能

◆ カバー工法なので、壁や床など傷める心配がない

◆これまでの玄関ドアリフォームよりも費用も安価に抑えられる

リフォーム用玄関ドア リシェント兇蓮悒バー工法』という既存の枠をそのまま利用して取付ける為、玄関ドア周辺のハツリ工事など不要で、壁や床など傷める心配がないので安心です。(下画像参照▼)
また、これまでの玄関ドアだと5日程度かかるところを、たった1日で取替可能で、少人数での施工が可能なので費用も安価に抑えられます。

more-cwork[1]


『リシェント供 のデメリットとは?


◆ 既存の玄関ドアより間口が周囲約2.5僂困直さくなります。


カバー工法の特性上、今のドア枠の上からかぶせるように新しいドア枠を付けていくので、どうしても現状よりも入口幅が狭くなります。また、お客様の既存玄関ドアの状態によっては大きな額縁が必要な時もあります。

case1_img_01

お住まいの状況によって工事費用、仕上がりも変わります。
ご自宅の状況に合わせた玄関ドアリフォームをお考えください!

【室内物干し】プチリフォーム

お久しぶりです。
りオールの戸田です。

あっという間に1月も終わり、
2月になりましたね・・・

少し前まで暖かかった気候も、急に寒くなってきたので
体調管理には気を付けてくださいね

今回はお手軽にできるプチリフォームとして、
『 室内物干し 』をご紹介します。

室内物干しには主に3タイプあり、
 「昇降式タイプ」「壁式タイプ」「天吊りタイプ」があります。


↑これが昇降式タイプです

昇降式タイプは天井に竿が設置しており、必要な場合に竿を下げて使用するタイプで、
大量の洗濯物をかけることが可能です。
使わないときは竿をスッキリと収納できるので邪魔になりません。竿の上下の動作には
電動タイプの商品もあります。



↑こちらが天吊りタイプです

天井からフックがついたポールがぶら下っているタイプで、
ポール自体の取り外しが可能なので、普段の生活の邪魔にはなりません。
2つ設置すれば物干し竿かけにもなりますが、最大重量は約8キロほどなので、
大量の洗濯物には向いていません。


↑こちらが壁式タイプ

壁に取り付けた物干し機器に洗濯物を掛けるタイプです。
上の写真のような、掛ける部分が収納できるものもあります。

室内物干しのメリットとしては、

■ 外から洗濯物を見られない
■セキュリティ的にも安全


デメリットとしては、

■湿気対策を行う必要がある
■室内で目立つ 

などあげられるかと思います。


商品の細かな説明は、
『Panasonic ホシ姫サマ』 
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちらから見てくださいね

増税前にちょっとしたプチリフォームどうですか

ご訪問ありがとうございました

次のサイトでもっとたくさんのリフォームに
関する情報を探せますよ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ  
プロフィール
ご質問 ・ ご感想

非公開でメッセージを送れますので、 お家に関する不安・ご質問 など お気軽にお送りください。

名前
メール
本文
ブログランキング
天気
記事検索