◆リフォーム事例

日差しを遮る「スタイルシェード」の取付け工事

皆さんこんにちは。
リオールの戸田です(。・ω・)ノ゙

本日、日差しなどを遮る
「スタイルシェード」の取付け工事を行いました!

↓↓ 施工前 ↓↓
シャッター付きの窓です。
外部の工事ですのでお留守でも工事可能です!
DSC_0006

↓↓ 施工中 ↓↓
水平を確認しながら本体の取付けを行います!
DSC_0010

下のフック(右の写真)を取付しています。
DSC_0011SJ0100_0029

↓↓ 施工完了 ↓ ↓
DSC_0012_20160715115128723

今回は2か所頼まれていたので、もう一か所も同時に施工させて頂きました。
DSC_0007_20160715115055215 DSC_0013

今回は2か所で、約1時間半(片づけ含む)で完了しました(*^^)v

また、7月23日(土)〜30日(土)の期間で、スタジオにて
「スタイルシェード」を展示しております!!
興味のある方は、ぜひご来場くださいね(*^。^*)

http://www.re-all.co.jp/events

【洗面化粧台】夢が叶った!リフォーム事例【No.9】

みなさんお久しぶりです。
リオールの戸田です

最近はホームページの更新などに
手を取られてブログの方は全然手つかずでした

あっという間に、2月も終わり3月になりました
もうすぐしたら、お花見の季節ですね

当社では、花見ではないですが・・・
4月5日(土)春のわくわくまつりを開催します!!
また、詳しい詳細が分かり次第ホームページか
このブログにでも書きますのでお楽しみに〜
                                            

fancio_img










さて、今回は洗面化粧台の取替えです。

元々着いていた洗面化粧台自体、
それほど古いものではなかったのですが、

お施主さまが車いすでの生活だったので、
今回は車いす専用の洗面化粧台を取替え
させて頂きました。

Before                                                         
1



















既存の洗面化粧台です。
 
P1120116









P1120115



 







洗面化粧台を解体して持ち出すときに
水など垂れても大丈夫なように、
玄関までしっかりと養生を行います。

P1110917











既存の配管↑
P1120122










新しい洗面化粧台に合わせて配管の移設を行います。↑
P1120129










配管の接続 + 洗面化粧台組立


After                                                         
2



















今回施工したのは、
車いす対応タイプのLIXIL ドゥケア・カウンター
を施工しました。
商品の詳細はこちらから

実際に使ってみると↑の図のような形になります。
排水口の位置なども右奥に設置されているので、
車いすに乗っていても膝があたらないようになっています。 

ご訪問ありがとうございました

次のサイトでもっとたくさんのリフォームに
関する情報を探せますよ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ   

【風呂・浴室リフォーム】夢が叶った!リフォーム事例【No.8】

みなさんこんにちは。
リオールの戸田です

最近急に冷え込んで秋を通り越して
冬になりそうですね
昨日も寒かったので、急遽こたつをセットして
こたつで1日ゴロゴロしていました(笑)
bath









さて、今回ご紹介するお風呂ですが
昔ながらのお家(在来工法)では床や壁面がタイル張りに
なっていて、冬場だと浴室がすごく冷える季節だと思います。

今回の施工例は在来工法のお風呂
ユニットバス(システムバス)にリフォーム
をご紹介します。

ユニットバス?在来工法??という人の為に
ユニットバスと在来工法の違いを・・・

0103_pct_02








簡単に説明すると、この図↑のような感じです。

【在来工法】  防水加工を綿密に施す以外は、ほかの部屋と同じ様な作りになっています。
         長く使うと水漏れの心配があって、定期的な手入れが必要になってきます。
         在来工法による浴室は現場で造るので、それぞれ家庭の形状や空間に合わ
         せたオリジナルの浴室にすることが可能です。


【ユニットバス】 工場で規格化されたお風呂のことで、床や壁・天井など部位ごとに工場内で
         作っておき、それを現場で組み立てるお風呂のことを言います。職人さんの
         手間なども比較的かからないので、施工も手早くすみます。
        
   規格のサイズについては↓のようになっています。
1216サイズ0.75坪1200mm×1600mm
1217サイズ0.75坪1200mm×1700mm
1317サイズ0.75坪1300mm×1700mm
1616サイズ1.0坪1600mm×1600mm
1717サイズ1.0坪1700mm×1700mm
1618サイズ1.25坪1600mm×1800mm
1620サイズ1.25坪1600mm×2000mm
1621サイズ1.25坪1600mm×2100mm
1624サイズ1.5坪1600mm×2400mm
1818サイズ1.5坪1800mm×1800mm

前置きがながくなりましたが、今回の施工例です。
既存のお風呂↓
DSCF8376





 












解体↓ 
CIMG2089 


















土間コンクリート打ち↓
土間コンクリートを流して平らにして半日から1日程乾くまで置いておきます。
 1306400794082743100










ユニットバス設置↓
給湯・給水の配管ダクト等の仕込み工事もこの前に行っています。
設置後に角や隅などにコーキング(防水)を打って1日置いときます。
CIMG2094


















完成!!↓
給水・給湯などの接続をして、工事完了です。
CIMG2118


















今回の工期は5日間で終わりました。

今回取り付けた商品は、
LIXIL キレイユ (1216サイズ)
  を施工しました。

寒かったお風呂もユニットバスに替えて暖かくなったと
お客さまもお喜びになっておられました

ご訪問ありがとうございました

次のサイトでもっとたくさんのリフォームに
関する情報を探せますよ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ

【トイレリフォーム】夢が叶った!リフォーム事例【No.7】

みなさんこんにちは。
リオールの戸田です

今回はトイレリフォームについてです

いきなりですが、ご質問です
トイレと聞くとどこのメーカーを思い浮かべますでしょうか?

EA044AC20022













大抵の方がTOTOさんとお答えするかと思います。

実際には、TOTO以外にもINAXPanasonic
・ タカラスタンダードなど様々なメーカーさんで
取り扱っています。

ちょっとした、雑学ですが ウォシュレットはTOTOさんの
登録商標になっているので、それ以外のメーカーさんでは
シャワートイレといいます 知ってましたか?



さて今回の施工事例ですが、今回は
和式トイレを洋式トイレへとリフォームしました。

今では下のような床など壊さなくても簡単に取り換えられる
商品もできています。(TOTO スワレット)
sware1 












aquashop07_cs501













今回の工事は床からすべて取り替えた工事例です。
既存のトイレがこちら↓
3
 










完成がこちら↓
4 





















今回は壁のタイルも全て解体して、
新しくタカラのホーロートイレパネル
取付けました。
お手入れも楽になってお客様も
お喜びになられておりました。 

今回施工したトイレは、

TOTO ZJウォシュレット一体型便器
です 



トイレについて調べていたらこんなものが出てきました(笑)
220px-Squat-toilet-with-tank




















アジアから中近東、アフリカなどにかけて
しゃがみこみ式トイレというのがあるみたいです。
金隠しがなく、しゃがみこむ際に足を
乗せる部分も一体になっているそうです


 ご訪問ありがとうございました

次のサイトでもっとたくさんのリフォームに
関する情報を探せますよ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ

【床リフォーム】夢が叶った!リフォーム事例【No.6】

みなさんこんにちは。
リオールの戸田です

さっそくですが、床リフォームについて
書いていきたいと思います。

『床』 と一言で言っても様々な床材がありますよね
4



















たとえば、フローリングであったり、水廻りによく使われる
クッションフロアや和室などの畳、玄関などに使うタイルなど、
部屋ごとの用途にあった床材が多数あります。


今回の施工事例は、玄関ホールのフローリングの重ね張りです
既存の床です↓
CIMG2076










重ね張り?
という方もいるかもしれないのでご説明を。

普通の張替えの場合だと、一度床をめくって張りますが
今回の場合は既存の床の上にリフォーム用の床材(フローリング)を
張っていきます。通常の張替えより、お値段もお手軽で施工も早いです。

今回紹介する工事(約2坪)でも、1日で終わりました。

ただ、既存の床の上に重ねて張るので扉などの建具に干渉してきたり
する場合もあるので、施工前に確認が必要になってきます。

完成↓
CIMG2080










今回施工した床材は、DAIKENのグラフィアート6Tという商品を使いました。
通常のフローリング材だと、厚さが12弌15伉度あるのですが、
今回施工した商品は、リモデル(リフォーム)用の床材なので6个砲覆辰討ります。

ご訪問ありがとうございました
ブログランキングに参加しています! 
下のボタンをポチッ!と応援して頂けると嬉しいです! 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  
  

プロフィール
ご質問 ・ ご感想

非公開でメッセージを送れますので、 お家に関する不安・ご質問 など お気軽にお送りください。

名前
メール
本文
ブログランキング
天気
記事検索